So-net無料ブログ作成
検索選択

ロシア隕石落下地点 動画 広島型原爆の30倍 [ニュース]

ロシア隕石落下地点の動画をご紹介します。
この小惑星爆発の威力は、
広島型原爆の30倍だったようです。

ロシア 隕石落下地点の映像 2013.2.15


ロシア中部にあるチェリャビンスク州で隕石(いんせき)が落下して、
多くのけが人が出ています。


チェリャビンスク州政府の調査によると、
隕石は、多くのけが人が出ているサトカという町から
120km東に位置する湖に落ちたのではということです。


NASA=アメリカ航空宇宙局によると、
2月15日に地球に突入した小惑星が、
上空20キロ前後で爆発し、
その破片がロシア中部に落下したとのことです。
爆発の威力は広島型原爆の30倍以上と推定されています。


大気圏内に突入した小惑星の大きさは、
直径約17メートル、重さ1万トンと推定されています。
この小惑星は、火星と木星の間にある小惑星帯にあったものだとみられています。
NASAによると、今回の規模の小惑星の大気圏内突入は、
100年に1度の出来事だということです。


ロシア中部の隕石が落下した地点付近の人たちは、
そうとうな恐怖を味わったことだと思います。
正確な被害の状況は、わかりませんが、
これが、大都市圏に落ちていたら、
さらに被害が増したと推定されます。


隕石の落ちた跡は、昔から地球のあちこちにあります。
もし、海に落ちたとしたら、津波なども発生する可能性もありますよね。
隕石落下に関しては、多くの映画作品にもなっています。


科学技術が進歩して大気圏に突入する前に、
破壊することができないものでしょうかね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。